レボセチリジンを成分に含んでいるザイザルは、ヒスタミンの働きを抑制することにより花粉症の症状を緩めることができます。花粉症対策グッズやマスクなど最近では種類も豊富ですが、ザイザルを服用することが最も花粉症に効果的でしょう。

ザイザルの類似品との比較

ザイザルは花粉症に対して強い効き目があるジルテックの眠くなる作用を抑えた改良品になります。
類似品としてまずジルテックがあげられます。
花粉症にはたくさんの種類があり、ザイザルの効果が強いと感じた場合は、アレグラやクラリチンがあります。

この効果が強いというのは眠気になります。
どんなにジルテックのデメリットである眠気の作用を抑えるとしても、ヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン剤です。
ヒスタミンは脳内の活性化を促進する役割があり、花粉所の症状を緩和する抗ヒスタミン剤を服用してしまうと、それを阻害してします。
よく眠くなると表現されることも多いですが、厳密にいうと脳の判断力が低下することになります。
よって判断力が鈍ることから、自動車の運転や仕事の作業に支障をきたします。

ジルテックの改良版がザイザルになりますが、脳の判断力の低下が免れないことから、パフォーマンスを重視した花粉症対策やアレルギー対策を行いたいのであれば、他の手段を用いることをおすすめします。
特に脳の判断力が低くなることを避けたいなどパフォーマンス重視の花粉症やアレルギー対策を行いたいときは、アレグラやクラリチンを求めると良いでしょう。
ザイザルの類似品として同じ効果を期待することができ、なおかつパフォーマンスが落ちにくい医薬品になっています。

クラリチンはクリニックや個人輸入でしか入手することができませんが、アレグラはドラッグストアでも購入することができますので、試してみると良いでしょう。
ただし効き目は、やはりザイザルの方が上になりますので、場面に使い分けて服用することが大切です。
自分に合った抗ヒスタミン剤を見つけて服用しましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索