レボセチリジンを成分に含んでいるザイザルは、ヒスタミンの働きを抑制することにより花粉症の症状を緩めることができます。花粉症対策グッズやマスクなど最近では種類も豊富ですが、ザイザルを服用することが最も花粉症に効果的でしょう。

更新履歴

ザイザルはレボセチリジンを有効成分にした第二世代の抗ヒスタミン薬で、アレルゲンによって活発化するヒスタミンの働きを抑える作用があります。
抗ヒスタミン薬と言えばジルテックが昔から用いられていましたが、自律神経に作用して眠気を誘発したり、口の渇きや排尿障害といった副作用が目立っていたのが問題です。
そこで、症状を抑える作用のみを残し、副作用の部分だけを排除した光学異性体として開発されたのがザイザルで、これまで問題となっていた眠気を大幅に抑えたことで使いやすくなっているのが特徴です。

抗ヒスタミンは、体内に異物として侵入してきたアレルゲンによって放出されるヒスタミンが受容体に結合するのを防ぐ働きがあり、刺激を受けた受容体が過敏症状を起こすことを防ぐことができます。
また、ヒスタミンだけでなく鼻づまりなどを起こすロイコトリエンの遊離抑制作用なども持っているので、様々な過敏症状を抑えます。

ザイザルによる効果は、アレルギー性鼻炎などの花粉症、蕁麻疹、皮膚炎、痲疹、皮膚そう痒の抑制が主となっています。
その他にもアレルゲンによってヒスタミンの働きを抑えるので、適応症にも入りませんがアレルギー性の各症状にも対応します。
つまり、適応症として書かれていない結膜炎でもアレルギー性であればある程度は効果が期待できるというものです。

本来であれば専用の点眼薬が良いのですが、鼻炎や気管支炎などと共に、結膜炎が花粉症のひとつとして現れた場合、鼻炎の症状を元にザイザルが処方されることがあります。
第二世代の抗ヒスタミン薬の中では強い部類に入るので、眠気などが少ないとは言え、副作用のリスクはそれなりにあるようです。
そのため、服用してから自動車の運転や高所作業、機械の操作などはしないように気をつけましょう。
この他にも、ロラタジンは第二世代抗ヒスタミン薬の一つです。
このロラタジンは副作用がかなり少ないと言われています。

記事一覧

食物アレルギー体質の人は、原因食物の除去が必要です。 ステロイドや抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬など...

ザイザルは花粉症のつらい症状を緩和してくれますので、特に鼻に関する花粉症の症状が辛いケースでは、効果...

日本は、花粉症などアレルギーが原因の様々な症状で悩む人が多いです。 花粉症は、ヒノキやスギなどの花粉...

クリニックで処方を受けるのが一番適しているザイザルの入手方法です。 ジルテックよりも眠気を抑えた医薬...

ザイザルは花粉症に対して強い効き目があるジルテックの眠くなる作用を抑えた改良品になります。 類似品と...