レボセチリジンを成分に含んでいるザイザルは、ヒスタミンの働きを抑制することにより花粉症の症状を緩めることができます。花粉症対策グッズやマスクなど最近では種類も豊富ですが、ザイザルを服用することが最も花粉症に効果的でしょう。

ザイザルとフェキソフェナジンと小豆について

更新履歴

日本は、花粉症などアレルギーが原因の様々な症状で悩む人が多いです。
花粉症は、ヒノキやスギなどの花粉が原因で発症します。
花粉症を発症すると、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、皮膚のかゆみなど、様々な症状が出てきます。
人間の体は、アレルゲンと呼ばれる異物が侵入すると、異物を排除しようと過剰に反応します。
この過剰な反応が、様々なアレルギーの症状を引き起こすのです。

花粉症の治療薬として知られているのが、ザイザルです。
ザイザルは、アレルギーの原因となるヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギーの症状を和らげます。
アレルギー性鼻炎や湿疹、かゆみなどに効果を発揮します。
ザイザルは、第2世代の抗ヒスタミン薬です。
第1世代の薬は、排尿障害などの副作用がありましたが、第2世代の薬では、排尿障害や口の渇きなどの副作用がほとんどありません。
ザイザルは、速効性があり、服用してすぐに効果が出てきます。

特に効果があるのが、くしゃみと鼻水です。
フェキソフェナジンも、アレルギーの症状を抑える薬です。
フェキソフェナジンも、ザイザルと同様にヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギーの症状を和らげます。
抗生物質のエリスロマイシンと併用すると、血中濃度が上がる可能性があるので注意が必要です。
また、持病がある人は、医師に報告しておいた方が安心です。

アレルギー対策では、食事も重要です。
ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜や腸内環境を良くする乳酸菌が含まれた食品は、アレルギーによる炎症を緩和する効果が期待できます。
小豆は、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールには、抗酸化作用や抗ヒスタミン作用があり、炎症の原因となるヒスタミンの分泌を抑えることができます。

記事一覧

日本は、花粉症などアレルギーが原因の様々な症状で悩む人が多いです。 花粉症は、ヒノキやスギなどの花粉...

クリニックで処方を受けるのが一番適しているザイザルの入手方法です。 ジルテックよりも眠気を抑えた医薬...

ザイザルは花粉症に対して強い効き目があるジルテックの眠くなる作用を抑えた改良品になります。 類似品と...

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索